家計とお買いモノと。

買いもの大好きな2児の母。お得なこと、暮らしやすい工夫を見つけ出すのが好き。無印良品を愛するMUJIラーです。

ホームベーカリーで簡単!失敗パンで美味しい楽しい揚げパンドーナツを作った話。

ホームベーカリーで失敗したことってありませんか?

 

分量を間違えたり、イースト菌を入れ忘れたり。

つい先日は、レーズンを入れようと上蓋をあけたまま放置してしまいました。

f:id:mocaca:20160223233250j:plain

レーズンパンコースに設定していたので、ナッツケース(ドライフルーツやナッツを自動投入するケース)の底がぬけてしまったのです。

 

蓋が開いているので、温度管理ができない・乾燥している可能性が高い。

失敗パンが出来上がりそうだな、と。

数分考えて、焼き工程にはいる前に取消ボタンを押しました。

 

パナソニックのホームベーカリーを使っています。

kakeito-okaimonoto.hatenablog.com

 

そうだ、ドーナツを作ろう

 

何を作ろう?と考えた結果、揚げパンドーナツを作ることにしました。

よくあるベーキングパウダーで作るドーナツではなく、パン屋さんで売っているようなイースト菌で作る揚げパンのようなドーナツです。

 

ホームベーカリー付属のレシピやクックパッドを参考にしました。

焼く直前にストップボタンを押したので、一次発酵までは終わっています。

 

参考までに、HBで作った生地の分量がこちら。

食パン(パン・ド・ミ)1斤 ※ふつうの食パン生地でOK

強力粉   250g

バター   15g

砂糖    17g

塩     5g

イースト 小さじ1/2(1.4g)

牛乳+水   190ml(夏場は5℃に冷やす・180ml)

 

HBで簡単!揚げパンドーナツの作り方

 

まず、ホームベーカリーから取り出した生地を8~10分割して丸めます。

上からふきんをかけて、10分ほど置きます。(ベンチタイム)

f:id:mocaca:20160221230912j:plain

 

軽く叩いてガス抜きをしたら、真ん中に穴を開けます。

さらに穴を広げていくようにドーナツ型にしていきます。

f:id:mocaca:20160221231029j:plain

 ※発酵すると穴が縮むので、穴は大きめに。

 

オーブンの発酵モード(40℃)で15分~30分ほど発酵させます。(二次発酵)

f:id:mocaca:20160223050406j:plain

※霧吹きは不要。表面を乾燥させることで油の吸収を抑えてくれるようです。

※ひとまわり大きくなっていれば発酵完了です。

 

フライパン・鍋に新しい油を用意し(ドーナツ半分がつかる位でOK)、170℃~180℃の高温で片面1~2分揚げます。

f:id:mocaca:20160223050516j:plain

あっ、ガス抜きできてない...。

 

ビニール袋に砂糖と、揚がったドーナツを入れます。

ふりふり、まぶします。

f:id:mocaca:20160221231737j:plain

お好みで、シナモンやきなこを入れても美味しい。

 

出来上がり。

f:id:mocaca:20160221232509j:plain

 

やっぱり揚げたてが美味しいですね。

もちもち~!

f:id:mocaca:20160221232631j:plain

ふつうのパンは数日保存できますが、ドーナツは揚げているので当日食べきったほうが美味しいです。

翌日の朝に食べましたが、美味しさ2割減といった感じ。

 

揚げる前の生地の段階でラップにくるみ、冷蔵保存・冷凍保存するのがおすすめです。

翌日に揚げるなら冷蔵庫へ、それ以降なら冷凍庫へ。

冷凍庫から出したカチカチの状態で、そのまま揚げます。

f:id:mocaca:20160221233011j:plain

冷蔵庫(野菜室)保存なら低温発酵になるので、二次発酵なしもあり?

 

二次発酵の時間を省いて作ったこともあります。

「早く食べたい~!ドーナツ!ドーナツ!!」の声に負けて。涙

HBから取り出してから15分ほどで完成。

ふわっと感が若干足りないかな?と思うものの、ふつうに美味しかったです。

二次発酵したほうがより美味しくなると思いますが、意外とルーズに作っても満足できました。

 

子どもってドーナツ好きですよね。

失敗パンをきっかけに、揚げパンドーナツづくりにはまっています。

一緒にこねこねするのも楽しみのひとつ。

ホームベーカリーが扱いやすい生地にしてくれるので、こねこねするのも簡単です。

 

とはいえ、それなりにワーギャーなりますけれど。笑

まだお手伝いが難しい年齢でも、最後のふりふりをお願いするだけでも喜ぶと思いますよ。

 

子どもと一緒に手作りドーナツしてみませんか?

    

kakeito-okaimonoto.hatenablog.com

kakeito-okaimonoto.hatenablog.com

kakeito-okaimonoto.hatenablog.com