読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家計とお買いモノと。

買いもの大好きな2児の母。お得なこと、暮らしやすい工夫を見つけ出すのが好き。無印良品を愛するMUJIラーです。

2015年 無印良品で買ってよかったモノ

2015年も無印良品でたくさん買い物しました。

 

f:id:mocaca:20151211094911j:plain

提示し忘れたり、LOHACOで買ったりしたことも多かったので全てではないです。

 

今日はMUJIラーの私が無印良品で買ってよかったモノを紹介したいと思います。

 

▼シリコーンジャムスプーン 

f:id:mocaca:20151204233649j:plain

手持ちのシリコンスプーンが壊れたので、購入してみました。

MUJIの人気商品なだけあって、使い心地が最高に良かった!

 

良かった点は多々あります。


・一体型でつなぎ目がなく衛生的
・柔らかすぎず適度に張りがあるので、扱いやすい
・柄が長いので、大きい瓶でも使いやすい(コストコの大容量ジャムでも持ち手が汚れない!)
・スプーンの先が平らで細めなので、離乳食用スプーンにもGOOD
・持ち手部分がザラッとしていて、手にフィットする
・耐熱温度が200℃(先端部)なので、調理用にも便利
・スプーンが浅い形状なので、餃子の餡・味噌なども取りやすい

 

特に便利だなーと感じたのが、フライパンでつくねをひっくり返すとき。

フライパンいっぱいのつくねは、フライ返しの入るスペースがなくて、いつもは木の小さなスプーンで代用してました。

シリコンスプーンは平らな形状なので、隙間にスッと入り、きれいにひっくり返せて本当に便利!

 

▼無垢材テーブル・オーク材

f:id:mocaca:20150810144737j:plain

無印良品で買った今年1番高かったものですね。笑

サイズは、幅180cm 幅180×奥行80×高さ72cmです。

 

購入当初はサイズをオーダーすればよかったかな?という後悔もありましたが、広々したテーブルで毎日とても快適なので満足しています。

 

kakeito-okaimonoto.hatenablog.com

 

▼アクリル冷水筒・ドアポケットタイプ 

f:id:mocaca:20151204233738j:plain

水出汁(水出しの出汁)が作りたくて、購入しました。

 

恥ずかしながら、バタバタしている日には粉末出汁を使っていました。

無添加出汁ではありますが、やはり気になっていたんですよね。

 

水出汁なら、前日にセット(昆布と煮干しがお気に入り)しておくだけという手軽さ。

おかげで、朝食の味噌汁もササッと簡単にできるようになりました。

さらに水を追加して、晩御飯用にしています。

 

何で今までやらなかったの?というくらい楽ちん。

何より水出汁はまろやかで美味しいのです。

(ずぼらなので、煮干しの頭をとらずに入れてますが苦味ゼロ!)

 

ドアポケットにも入るちょうどいい大きさ。

容器も底まで洗いやすいので衛生的に使えます。

 

気をつけたいのが、冷水専用だという点。

水出汁には何ら問題ありませんが、沸かしたお茶を入れるときは注意が必要ですね。

 

麦茶は、IWAKIの耐熱ガラスを愛用中です。

iwaki 角型サーバー 1L (ホワイト) K296K-W

iwaki 角型サーバー 1L (ホワイト) K296K-W

 

 

▼パルプボードボックス・タテヨコA4サイズ

f:id:mocaca:20150916010713j:plain

私が購入したのは、2段タイプのもの。

サイズは、幅37.5×奥行29×高さ73cmです。

 

その名のとおり、タテでもヨコでもA4サイズぴったりなのがいいですね。

昔使っていたカラーボックスは、横幅が長くて横置きすると使いづらかった記憶があります。

 

MUJIのパルプボードボックスは、横置きに5段まで積むことができます。

転倒防止用に専用のジョイント金具もあります。

 

f:id:mocaca:20151210015753p:plain

出典:無印良品ネットストア

 

ちなみに3段~5段タイプのみ使用可能、我が家では使えません・・・。

(2段タイプは横置き非推奨だそう)

 

おしゃれな絵本棚がほしくて色々検討したけれど、結局シンプルなMUJIにたどり着くんですよね。

kakeito-okaimonoto.hatenablog.com

 

▼落ちワタふきん12枚組

f:id:mocaca:20151211104801j:plain

シンプルな正方形のふきんです。

 

MUJIのふきんは今年もよく買いました。

購入回数が1番多いかも?


厚手のふきんは、乾燥しにくく雑菌が繁殖してしまいがち。
漂白しても、すぐ悪臭がしたりと悩んでいました。


薄手の落ちワタふきんを購入してからは、1回使いきり方式にして、いつでも新しいふきんを使うようにしています。


使ったら水で簡単にすすいで、洗濯機にポイッと。
洗濯しても落ちない汚れがついたら、シンク回りなど掃除用に格下げ。
1枚あたり40円弱なので、惜しみなく使えます。

掃除・台拭き・手拭きなど、縁の色を目印にできるので便利です。

白だけのふきん・3色(縁カラー)のふきんを必要に応じて購入しています。

 

最後に

無印良品が誕生したのが1980年。

私がMUJIで最初に買ったモノは、文房具だったかな?

脂とり紙やリップバームだった気もします。

 

変わらないようで変わっていく、そんなMUJIが大好きです。

 

最近、MUJI×URの団地リノベーションを見るのにはまっています。

賃貸に住んでいるので100%参考になるわけではありませんが、新築のインテリアを見るより勉強になったりします。

 

何より家具雑貨など無印良品のオンパレードですからね。

MUJI好きにはたまりません。

 

▼無印良品のおすすめ紹介してます。

無印良品 カテゴリーの記事一覧

 

kakeito-okaimonoto.hatenablog.com

kakeito-okaimonoto.hatenablog.com

kakeito-okaimonoto.hatenablog.com

 

スポンサードリンク