読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家計とお買いモノと。

買いもの大好きな2児の母。お得なこと、暮らしやすい工夫を見つけ出すのが好き。無印良品を愛するMUJIラーです。

ドイツのカードゲームがすごい!子供たちのはまり具合からおすすめを紹介します。

f:id:mocaca:20150714130630j:plain

ドイツのカードゲームで遊んだことはありますか?

 

ボードゲームとも呼ばれますが、ドイツではポピュラーな遊びのようです。

何より、ドイツは世界屈指のボードゲーム大国。

 

単なる子供のおもちゃではなく、「子供も大人もみんなで楽しめる遊び」という捉え方なのでしょう。

 

ドイツ人はテレビをあまり見ないことでも有名ですね。

これはテレビ以外の娯楽が充実しているからと言われますが、ボードゲームもそれにあたるのではと思っています。

 

さて、そんなカードゲームですが、我が家にもあります。

 

キンダーメモリー ラベンスバーガー社

 

キンダーメモリーは絵柄で合わせる神経衰弱です。

トランプの神経衰弱よりも簡単で、何より絵がほっこりとかわいい。

 

f:id:mocaca:20150714124613j:plain

同じりんごでも、虫食いりんごと普通のりんごがあったりして、なかなか難しい。

 

娘が3歳の頃は、何枚もめくってしまったり、途中であきたりすることもありました。

それでも何度もやりたい!と言うのだから、やはり楽しいのでしょうね。

 

対象年齢は4歳~となっていますが、2歳児でも絵柄を表面にして、同じものを見つけていくという遊びであれば、十分楽しめるようです。 

(画像がちょうど3歳前の娘が遊ぶ様子)

 

確かに数字と模様のトランプより、絵があるほうが子供には楽しいですよね。

 

5歳になった今では、ルールを守って大人と互角に戦っていますよ。

小学生の甥っ子も、もちろん大人も楽しんでいるので、対象年齢は広いかと。

 

夫はまだしもわたしは完全に脳が衰えてきているのを感じます(笑)

子どもの記憶力に驚かされるとともに、わたし自身のトレーニングだと思ってやっています。

 

キンダーメモリー 神経衰弱

キンダーメモリー 神経衰弱

 

 

いろがごちゃまぜ おなじはど~れ? アミーゴ社

 

これも3歳くらいのときに購入しました。

たくさんある絵柄の中から、色と形が同じものを見つける、というゲーム。

 

対象年齢は4歳~となっています。

同じ形でも配色が逆だったりと、大人でも結構難しいです。

 

f:id:mocaca:20150714103039p:plain

このカードは組み合わせによって正解が変わるので、無限?に楽しめるのがいいところ。

 

正式なルールは、次のとおり。

  • 2枚のカードの中に絵柄・配色が同じものを見つけ、「これ!」と指さします。
  • 正しければカードを1枚もらうことができます。
  • 残った1枚のカードと新しくめくったカードの中から同じものを探します。
  • 最後に一番多くのカードを持っている人の勝ちです。

 

ただ、かなりの集中力が必要なので、最後までやり通す前にかなり疲れます。

我が家の場合、家族で遊ぶことももちろんありますが、外出時のおもちゃとして持ち運ぶほうが多いかもしれません。

 

カード数枚を袋に入れて持ち運び、病院の待合室など静かにしてほしいときに「同じはど~れ?」と一人で探しています。

子どもも熱中して遊んでくれるので、重宝しています。

 

ちなみに我が家が持っているのは、DUO(デュオ)シリーズ2というもの。

これは前作は片面だけだったのが、両面の絵柄で遊べるようになったものです。

 

f:id:mocaca:20150714104511p:plain

3枚持っていくだけで、6パターン遊べますよ。

 

 

 テディ・メモリー ラベンスバーガー社

 

キンダーメモリーと同じ神経衰弱のテディ、くまさんバージョンです。

 

f:id:mocaca:20150717075519j:plain

対象年齢が2歳~となっているように、早い時期から楽しめる遊びです。

大人の手のひらサイズで幼児にもめくりやすい仕様。

 

我が家の場合、子育て広場ではじめて遊んだときに、娘のはまり具合が半端なかった!

 

2歳過ぎたあたりだったかと思うのですが、はじめは絵柄の見える表面のまま、同じ絵柄を集めるという簡単バージョンで楽しんでいました。

 

同じくまさんながら、はちみつを食べるくま、チョコレートのくま、怒ってるくま、なぜかパンダ?・・・とバリエーション豊かで、見ているだけで可愛いのです。

 

「くまさん怒ってるー」なんて言いながら、カードをとっていく娘の姿もまたかわいい。

 

キンダーメモリーより簡単な神経衰弱なので、5歳児にもちょうど良い遊びのよう。

姉妹でよく遊んでいますよ。

 

固いカードですが、それでも紙素材。

おもちゃ舐めを卒業した2~3歳児さんに、特におすすめです。

 

テディメモリー

テディメモリー

 

 

ドイツのおもちゃは量販店で、なかなか売っていないですよね。

輸入おもちゃを取り扱うようなショップや、百貨店などには置いてあることもあります。

 

わたしはインターネットで購入していますが、Amazonで購入することが多いですね。

 

楽天でも取扱いがありますが、カードゲームは千円から高いものでも3千円程。

送料無料ハードルを考えると、今のところAmazonが最強かなーと思っています。

 

カードゲームは手頃な価格ながら、メジャーなおもちゃではないので、プレゼントにもおすすめ。

知育要素もありながら、THE知育というおもちゃでないのもいいですよね。

 

他にもまだまだご紹介したい、子供たちお気に入りのゲームが沢山あるのです。

長くなってしまったので、続きはまだ次回!

 

以上、今週のお題「ゲーム大好き」でした。

 

kakeito-okaimonoto.hatenablog.com